ベトナム航空、関空/ホーチミン線にA350投入、冬ダイヤから

  • 2016年10月6日(木)

A350-900型機  ベトナム航空(VN)は10月30日に始まる16年冬ダイヤから、関空/ホーチミン線にエアバスA350-900型機を導入する。同型機の定期路線への投入はこれが初めて。関西エアポートによれば、同型機の関空への就航も初めてとなる。

 座席はビジネスクラス29席、エコノミークラス276席の計305席。現在は269席または280席のエアバスA330-200型機で運航しているため、A350-900型機への変更で、座席が25席または36席増加する。

 なお、VNは同日から関空/ハノイ線の機材も大型化する。現在は178席または184席のエアバスA321-200型機で運航しているが、冬ダイヤからは269席または280席のエアバスA330-200型機に変更する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ