外務省、ジカ熱でマレーシアにも注意喚起、コタキナバルで症例

  • 2016年9月5日(月)

 外務省は9月3日にマレーシアのコタキナバルで、同国内での感染によるジカウイルス感染者1名が確認されたことを受け、注意喚起のためのスポット情報を発出した。同省が同国についてジカ熱関連の注意喚起を発出したのは、今回が初めて。マレーシアでは今月1日に、シンガポールから帰国した女性がジカウイルスに感染していた輸入症例が確認されていたが、国内感染症例はこれが初めて。

 外務省は本誌の取材に対して、現時点では世界保健機関(WHO)や厚生労働省がマレーシアをジカ熱流行国に指定していないことから、全土に対するレベル1の注意喚起は発出せず、スポット情報の提供にとどめている旨を説明。これから感染者流行が拡大すれば、他の発生国と同様に、全土をレベル1に指定する可能性があるという。同省は現在、東南アジアについてはインドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピンの全土をレベル1に指定している。

 ジカウイルスについては、妊娠中に感染すると胎児に小頭症などの先天性障害が現れることがあるため、外務省は妊娠中または妊娠を予定している人には、流行地域への渡航を可能な限り控えるよう要請しているところ。マレーシアへの旅行者や滞在者には、在マレーシア日本大使館から最新情報を入手するとともに、蚊に刺されないための対策を取るよう呼びかけている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ