HIS、ミキと子会社化視野に提携強化、アジア発の需要取込へ

  • 2016年7月24日(日)

▽世界規模のランドオペレーターへ、アクティビティ販売に注力

ミキグループの檀原氏  2社は提携関係強化による「めざす姿」として、「世界をカバーするランドオペレーター」「オンライン事業(の強化)」「グローバルアクティビティプロバイダー」を挙げた。ランドオペレーター事業では、ミキグループと、HISがグループ会社の欧州エキスプレスで展開するBtoB事業「SKY hub」が連携を強化。全方面を手配できるランドオペレーターをめざす。

 檀原氏は、同事業では「日本市場(での展開)では何も変わらず、HISは重要な顧客先の1つ」と説明。既存の取引先への影響については「十分に懸念している」が、「現在のビジネスモデルの延長での変革には限界がある」と語り、協業により成長性の高いアジアの需要を積極的に取り込みたい考えを述べた。平林氏も「今回の提携強化は日本市場ではなく、日本以外のグローバル市場が対象」と強調。HISによれば、ランドオペレーター事業はHISとは完全に分離した組織とし、情報管理を徹底し、独立した中立のオペレーターの立場を維持するという。

 オンライン事業では、両社の持つ商材や販売チャネル、システムなどを統合し、航空券やホテルの仕入れ競争力の強化などのシナジーの創出をはかる。BtoBとBtoCの事業を展開し、世界的な認知度を持つオンラインオペレーターとOTAになることをめざす。檀原氏は「既存のOTAにないアクティビティなどを中心にオンラインで展開していく」と語り、新しいOTAを創設する可能性も示唆した。

 グローバルアクティビティプロバイダーについては、2社の強みを活かした旅行中のアクティビティの企画や提案、商品造成を実施。FITに対し質の高いサービスの提供をめざす。BtoB、BtoCの双方でビジネスを展開する計画で、店舗やウェブサイトでの販売を実施する予定。平林氏は「自社で展開するアクティビティを他社に使ってもらえるような販売のプラットフォームをめざしたい」とコメント。檀原氏も「海外のOTAなどでアクティビティを専門的に取り扱っているところはほとんどない」と語り、「自社で提供する独自のアクティビティは我々の強みになる」と期待を述べた。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ