アコー、ラッフルズなど3ブランド買収、154軒を追加

  • 2016年7月18日(月)

 アコーホテルズはこのほど、ホテルブランド「ラッフルズ」「フェアモント」「スイスホテル」を所有するFRHIホールディングスを買収した。昨年5月に発表していたもので、今年7月12日に開催した株主総会で正式に承認。今回の買収により計154軒のホテルとリゾート施設が加わることで、売上高は約6500万ユーロ増加する。なお、アコーホテルズはすでに4000軒以上のホテルやレジデンスなどを運営している。

 買収に際して、アコーホテルズは新たに4670万株の株式を発行し、カタール・インベストメント・オーソリティ(QIA)とキングダム・ホールディング・カンパニー・オブ・サウジアラビア(KHC)が現金8億4000万米ドルで取得。これにより、両社のアコーホテルズに対する出資率はQIAが10.4%、KHCが5.8%となった。今後はQIAから2名、KHCから1名がアコーホテルズの役員に加わる。

 今回の買収について、アコーホテルズ会長兼経営最高責任者のセバスチャン・バザン氏は「3ブランドの獲得は、今後のさらなる発展と繁栄、国際的な認知度の飛躍的な向上、長期的な価値創造につながる」とコメント。また、「FRHIとアコーホテルズのオペレーションをあわせることで、ラグジュアリーブランドの成長を加速させる」と述べている。

 アコーホテルズは買収に伴い、ラグジュアリーホテルブランドを強化する新たな役職「ラグジュアリーブランドCEO」を新設し、前ラスベガス・サンズ副社長のクリス・カヒル氏を任命。カヒル氏は、アコーホテルズとFRHIホールディングスの統合を進めるほか、マーケティング戦略などを統括する。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
ワンクリックアンケート

健康の悩みがありますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ