マリンドエア、8月に成田/コタキナバルでチャーター、日本初就航

  • 2016年7月4日(月)

ボーイングB737-900ER型機  マレーシアのフルサービスキャリアであるマリンドエア(OD)は、8月中に成田/コタキナバル間でチャーター便を1往復運航する計画だ。同社が日本に就航するのは今回が初めて。8月11日に成田発便を、15日にコタキナバル発便を運航する予定で、国土交通省に認可申請準備中だ。

 エイチ・アイ・エス(HIS)によれば、チャーターは同社1社の買い取りで実施するもの。日本発の片道チャーターとしておこない、全席パッケージツアーで販売する。ツアーはすでに発売しており、予約は好調に推移しているという。運航機材はボーイングB737-900ER型機で、ビジネスクラス12席、エコノミークラス168席の計180席。

 同社の日本地区総代理店を務めるケイエムプランニングによると、ODは2012年9月にマレーシアで設立。国内線やインドネシア、タイ、インド、シンガポールなどのアジア方面を中心に、40路線で週800便以上を運航している。当初は15年中に新千歳/マレーシア間で定期便を就航する予定だったが、エアアジアX(D7)による新千歳/クアラルンプール線の開設などで中止に。今後は日本/マレーシア間の定期便就航をめざすという。

 チャーター便の運航スケジュールは以下の通り。


▽OD、成田/コタキナバル間 チャーター便運航スケジュール
OD8003便 NRT 09時00分発/BKI 14時00分着(8月11日)
OD8002便 BKI 00時30分発/NRT 07時30分着(8月15日)

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ