ポール・ゴーギャン、8月の7泊クルーズに日本人スタッフ乗船

  • 2016年6月14日(火)

 インターナショナル・クルーズ・マーケティング(ICM)によると、ポール・ゴーギャン・クルーズが8月27日パペーテ出発で計画している7泊のコースについて、日本人スタッフの乗船が決定した。船内新聞やメニューの和訳、乗船中のゲストのケアを担当する。ただし寄港地観光でのアテンドはしない。

 ICMによると日本人スタッフが乗船するのは「おそらく10年以上ぶり」。反響などを考慮して来年以降も継続していきたい考えだ。

 なお、パペーテ到着日の日本語送迎パッケージなども別途用意しているという。

■海外ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ