東京第1種の日本エアービジョンが破産、テロがとどめに

  • 2016年6月8日(水)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、東京都の第1種旅行業者で東南アジアや中近東方面を得意としていた日本エアービジョンが5月30日、東京地方裁判所から破産開始決定を受けた。負債額は調査中で、一般の旅行者に被害は出ていないという。

 同社は1976年7月にパキスタン国際航空(PK)の欧州路線の販売を主な事業として設立。その後はフィリピン航空(PR)、エチオピア航空(ET)などのホールセール、東南アジアや中近東方面の手配旅行、企画旅行「ラビットツアー」の主催もおこなっていた。78年には日本旅行業協会(JATA)に加盟。ピーク時の90年10月期には、売上高約38億9200万円を計上した。

 しかし近年は市況の低迷から業績低下に歯止めがかからず、主催旅行の取り扱いをやめるなど事業を縮小。売上高も2010年10月期には約8億円にまで減少し、近年はさらに落ち込んで赤字が累積していた。

 さらに最近では、中東や欧州で続いているテロ事件の影響により、得意とする東南アジアや中近東方面の取り扱いが減少した。廃業の方向で手続きを進めていたが、手配済みの案件にめどがついたことから、このほど破産手続きによる整理をおこなったという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ