CAPAのLCCサミット開幕、北東アジア市場の成長に期待

  • 2016年6月7日(火)

ヒルトン成田内の会場の様子  オーストラリアの航空関連シンクタンクであるCAPA - Centre for Aviation(CAPA)による国際会議「CAPA LCCs in North Asia Summit 2016」が6月7日、ヒルトン成田で開幕した。北東アジア市場におけるLCCの動向や経営の現状と課題などをテーマに、2日間の日程でLCC約15社やFSC、空港、GDS、OTAなどからの登壇者がプレゼンテーションやパネルディスカッションを実施するもの。CAPAは2004年から、LCCをテーマにした国際会議を各国で開催しており、日本での開催は2回目となる。

NAAの夏目誠氏  今回の会議のメインスポンサーを務める成田国際空港(NAA)の代表取締役社長の夏目誠氏は、会議の冒頭で挨拶し、CAPAが国際会議の開催地に成田を選んだことに対して謝意を表明。「北東アジアのLCC市場は急速に伸びているが、北米や東南アジアと比べるとシェアはまだまだ低い」と語った上で、「LCCをはじめとした航空関係者と議論できることは、市場をさらに拡大していく上で非常に有意義」と強調した。

CAPAのステファン・ピアース氏  続いて登壇したCAPAマネージング・ディレクターのステファン・ピアース氏は、「世界の航空会社の利益率は非常に高まってきており、航空会社にとっては非常に良い状況」と述べた上で、そのなかでもLCC市場が成長を続けていることを説明。「特に北東アジアは、地域内の国際線を中心に成長の余地が残されている」と述べた。

 CAPA北アジア担当シニアアナリストのウィル・ホールトン氏は、アジアの航空市場でLCCが占める割合は、東南アジアでは全体の56%と半数以上に上っている一方で、北アジアは11%に留まっていることを説明。しかし同氏は「東南アジアの方がずっと早くLCCの運航を始めた。北東アジアも右肩上がりで推移しており、いずれは東南アジアに追いつくのでは」との見方を示した。

CAPAのウィル・ホールトン氏  同氏はそのほか、各国の市場におけるLCCのシェアを説明。国内線に占めるLCCの割合は韓国では40%を占めた一方で、日本は17%、中国は7%にとどまっていることを紹介した。国際線については、北東アジアと東南アジアの路線のうち、座席数でLCCが占める割合の高い20路線について解説。1位はインドネシア/マレーシア線で66%だった。日本については、日本/韓国線、香港線がともに7位で38%、日本/台湾線が12位で25%だった。

 この日は「日本のLCC市場」と題したパネルディスカッションも実施し、ピーチ・アビエーション(MM)、ジェットスター・ジャパン(GK)、バニラエア(JW)、春秋航空日本(IJ)からの登壇者がそれぞれ、各社の今後の戦略や、LCCの潜在需要の大きさについて説明。登壇者は、日本人が安価な料金と質の高いサービスの両方を求める傾向が強いことが指摘した上で、そのニーズに対して「スタッフのおもてなし」などで対応できる可能性があることなどを主張した。

※パネルディスカッションの詳細は後日掲載予定

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ