JTB、17年のDプリンセスで寄港地観光・添乗員付きツアー

  • 2016年6月2日(木)

パンフレット JTB首都圏は6月1日、プリンセス・クルーズの客船「ダイヤモンド・プリンセス」の2017年日本発着クルーズで、添乗員が同行する寄港地観光付きのツアーを発売した。15コースで20出発日を用意し、全コースでJTBが独自の寄港地観光プランを提供する。

 同ツアーでは、各寄港地で複数の観光プランを用意し、参加者がそのなかから好きなものを選択できる「選べる観光プラン」を新設。9コース10出発日で設定しており、台湾の基隆、石垣、高知、秋田、伏木富山、網走の6港で合計31プランを用意した。

 また、今回は新たなコースとして「夏休みファミリークルーズ」を設定する。プリンセス・クルーズの運航する横浜発着クルーズ「ぐるり北海道周遊と知床クルージング・サハリン9日間」で、親子や3世代の家族旅行をターゲットにした寄港地観光プランを提供。釧路湿原でのカヌー体験や、函館の牛乳工場の見学などを盛り込んだ。

 このほか、独自の船内サービスとして、全コースでJTBの専属コーディネーターが船客の相談などに対応。独自の船内新聞「JTBTM通信」を配布するほか、ツアー参加者限定で船旅を楽しむための説明会も開催する。

 ツアーの旅程は8日間から16日間まで。プリンセス・クルーズが17年に提供する6日間のクルーズ4本については、別途添乗員および寄港地観光なしのツアーとして販売する。

 JTB首都圏によれば、外国船による日本発着クルーズの販売は好調で、16年のダイヤモンド・プリンセスのツアーの取扱人数は前年比40%増と好調に推移。添乗員が同行し、寄港地観光も商品に組み込んだツアーは人気が高いという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ