ANAグとベトナム航空が契約締結-冬ダイヤから共同運航

  • 2016年5月30日(月)

(左から)VNのミン氏とANAHDの片野坂氏  ANAグループとベトナム航空(VN)は5月28日、今年1月に発表した業務・資本提携に関する基本合意に基づき、最終契約書を締結した。これによりANAグループは、7月を目途にVNの株式の約8.8%を2兆4310億ドン(約117億円)で取得。両社は10月30日からの冬ダイヤにおいて、コードシェア便の運航やマイレージプログラムの提携を開始するほか、空港業務の受委託などもおこなう。ベトナム政府当局の許認可などが条件となる。

 全日空(NH)は現在、日本/ベトナム間において羽田/ハノイ線と成田/ホーチミン線を運航中。VNは成田、羽田、関空、中部、福岡からホーチミン、ハノイなどへ直行便を運航している。今回の契約締結により、両社は冬ダイヤから日本およびベトナムの主要国内線30路線や、日本/ベトナム間の国際線10路線でコードシェアを開始する。

 NHはスターアライアンス、VNはスカイチームとそれぞれ別のアライアンスに所属しているが、ANAグループは14年にスカイチームのガルーダ・インドネシア航空(GA)と提携を結んでおり、アライアンスを超えた提携は2社目。同日に開催した調印式で、ANAホールディングス(ANAHD)代表取締役社長の片野坂真哉氏は、「VNはスターアライアンスの所属会社ではないが、Win-Winの関係を築いていきたい」と語った。そのほか9月1日にNHが成田/プノンペン線に就航することなどにも言及した上で、東南アジア市場の需要を取り込むことに意欲を示した。

 NHのベトナム線の路線計画については、「現在はボーイングB767型機からB787型機への入れ替えを順次進めており、成田/ホーチミン線はB787に大型化する」と語った。また、「今回の提携を機に、フエやダナン、ニャチャンなど新しいデスティネーションへの就航も考えていきたい」と述べた。

 VNのファン・ノック・ミン氏は提携に喜びを示し、「VNが国際的な競争力を高めるためには、パートナー探しと資金調達が重要」と説明。「航空だけでなく、2国間の友好関係がさらに向上することを期待している」と語った。

 なお、VNが現在、ワンワールドの日本航空(JL)とコードシェアなどで提携していることに関してミン氏は、「ANAホールディングスとの提携は包括的なものであり、10月からJLとの提携は解消する」と述べた。アライアンスの変更の可能性に関する質問に対しては、「NHとVNは6月に、それぞれの加盟アライアンスに対して、今回の提携について説明する」とコメントするに留めた。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

スニーカーといえば

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ