ハワイアン、新ビジネスクラスのA330を受領、秋から本格投入

  • 2016年5月29日(日)

新たなビジネスクラス  ハワイアン航空(HA)はこのほど、ビジネスクラスの新しい座席を搭載した、エアバスA330-200型機の初号機を受領した。同社では昨年10月に新座席を発表し、既存のA330-200型機を順次改修しているところ。改修した機材は6月から米国西海岸路線で試験的に運用し、今秋以降から各路線に本格的に投入していく。日本路線への導入時期は未定とした。改修を終えるのは2018年前半を見込む。

 新たな座席は180度のリクライニングが可能なフルフラットシートで、幅は52センチメートル、長さは193センチメートル。シートの配列は2-2-2で、各座席にはUSBポートを2つと電源コンセントを1つ設置。角度を調節できる大型のタブレット端末で機内エンターテイメントも提供する。

 シートの刷新にあわせて客室のデザインも変更。ビジネスクラスではハワイの風や海をイメージして、曲線や色彩を取り入れたほか、アシの茎を樹脂に埋め込んだ可動式のパーテーションを設けた。プレミアムエコノミークラスとエコノミークラスの客室の間には、星座模様のパネルを設置した。

 新しいA330-200型機の座席数は、ビジネスクラスが18席、プレミアムエコノミークラスが68席、エコノミークラスが192席の計278席。刷新前の機材と比べて16席減少しており、エコノミークラスを44席減らし、プレミアムエコノミークラスを28席増やした。

■海外ニュース

シンガポールトラベルマート&セミナー2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

平成のスターといえば?

投票する

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ