スペイン、成田含むオープンスカイ合意、共同運航も

  • 2016年5月22日(日)

署名後に握手する駐日スペイン大使のゴンサロ・デ・ベニート氏(左)と国土交通大臣の石井啓一氏  日本政府とスペイン政府は5月20日、両国の航空当局間で非公式に進めていた交渉を経て、成田路線を含むオープンスカイに合意した。首都圏空港を含むオープンスカイの合意は今回が28ヶ国・地域目で、羽田路線は対象外。コードシェアについても、第3国企業とのコードシェアや、国内線のコードシェアを含めて自由化する。

 2国間の航空輸送については、イベリア航空(IB)が今年の10月19日から、週3便で成田/マドリード線を運航する予定。2国間で定期便が運航されるのは、同社が1998年まで運航していた同路線以来18年ぶりとなる。日系航空会社については、日本航空(JL)が93年3月に成田/マドリード線の運航を停止して以来、定期便路線の開設はない。

 日本政府観光局(JNTO)によれば、2014年にスペインを訪れた日本人旅行者数は47万5000人。15年に日本を訪れたスペイン人旅行者数は7万7000人で、ともに近年は増加傾向にある。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ