上野の国立西洋美術館が世界遺産登録へ、ICOMOSが勧告

  • 2016年5月18日(水)

 外務省によればこのほど、日本政府がフランスなど6ヶ国と共同でユネスコ世界遺産への登録へめざしている「ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献-」が、世界遺産委員会の諮問機関である国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の登録勧告を受けた。同件には東京・上野の国立西洋美術館が構成資産の1つとして含まれている。7月にトルコのイスタンブールで開催される同委員会会合で決定される見通しで、正式に登録されれば日本にとっては20件目の登録となる。他国との共同での登録は初めて。

 同美術館の本館は、主にフランスで活躍した世界的な建築家のル・コルビュジエ氏が設計したもので、1959年にオープン。同氏の建築作品については、2008年に6ヶ国が22資産を「ル・コルビュジエの建築と都市計画」として登録することを推薦したが、ICOMOSからの記載延期勧告により登録に至らなかった。11年には6ヶ国・19資産に改訂して再度推薦したもののやはり登録には至らず、15年には7ヶ国・17資産で3回目の推薦をおこなっている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ