エアアジアJ、中部就航は今秋以降に、安全面の体制構築で

  • 2016年5月12日(木)

 エアアジア・ジャパン(DJ)は、今夏を予定していた中部/新千歳、仙台、台北(桃園)線の就航時期を、秋以降に変更する予定だ。DJの広報事務局によれば「安全運航のための体制構築に、さらに充分な時間をかけるため」とのことで、現在は国土交通省など関係当局と調整を進めているという。17年以降の路線計画については、詳細が決まり次第発表する予定。

 DJは今年2月に、当初は4月を予定していた就航時期を「複数の要因」から7月に変更。調整を進めていた。

■海外ニュース

ベルトラ1
求人広告
ワンクリックアンケート

私の中のM-1グランプリの優勝は

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ