全日空、羽田/ニューヨーク、シカゴ線開設へ、冬ダイヤから

  • 2016年5月12日(木)

 全日空(NH)は2016年10月30日からの冬ダイヤで、羽田/ニューヨーク、シカゴ線を開設する。このほど割り当てられた羽田の昼間時間帯の発着枠を活用したもので、NHが羽田から2都市に運航するのはこれが初めて。羽田を午前中に出発して夜に帰着する、現地滞在時間を長く確保できる利便性の高い運航スケジュールを予定しているという。詳細は後日発表する予定で、関係当局の認可が前提。運航機材はボーイングB777-300ER型機を予定する。

 羽田/米国線の発着枠については、国土交通省がこのほどNHに昼間枠3便、深夜早朝枠1便を配分したところ。NHはこのうち昼間枠の2便分を利用して両路線に就航する。2路線の開設に伴い、現在1日2便で運航している成田/ニューヨーク、シカゴ線をそれぞれ1日1便に減便する。

 現在運航中の羽田/ロサンゼルス、ホノルル線については、ロサンゼルス線は深夜早朝枠での運航を継続。ホノルル線は深夜早朝枠から昼間枠に時間を変更する。

 NH広報部によると、これまで羽田からの米国路線は、時差や飛行時間の都合上、西海岸の都市のみに就航していたが、昼間枠を取得したことで、東海岸や中西部の都市にも利便性の高いスケジュールの設定が可能になったという。2都市は日本人の需要が高いことから、羽田発に加えて日本全国からの乗継需要の取り込みをはかる考え。

 シカゴ線については共同事業を実施しているユナイテッド航空(UA)がハブ空港としており、UAのネットワークを活用した中南米への送客も見込む。UAとのコードシェアについても検討しているという。

■海外ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

東京オリンピック観戦チケットの抽選申し込みに

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ