キャセイとドラゴン、香港に自動手荷物預け機を導入

  • 2016年4月13日(水)

セルフサービス手荷物預け機  キャセイパシフィック航空(CX)と香港ドラゴン航空(KA)は4月1日、香港国際空港に初めて「セルフサービス手荷物預け機」を導入した。CXのチェックカウンターに5台、KAのチェックカウンターに4台設置し、手続きの効率化をはかる。CXまたはKAのウェブサイト、空港のチェックインカウンター、自動チェックイン機で搭乗手続きを済ませた乗客が利用できる。

搭乗券のバーコードを読み取る  利用方法は、ベルトコンベアの上に荷物を降ろして、機械で搭乗券のバーコードを読み取り、手荷物に関する注意事項を確認後、バゲージタグを発行。タグを手荷物に取り付け、荷物引換証を受け取る。CXによれば、チェックインカウンターを利用した場合の半分の時間で手続きが完了するという。

 対象となるのは、CXの香港/バンコク、クアラルンプール、シンガポール線のプレミアムエコノミークラスとエコノミークラスと、KAの香港/福岡、那覇、チェンマイ、コタキナバル、ペナン、プーケット線のエコノミークラス。今後は利用対象路線を順次拡大していく計画で、アムステルダムやシンガポールの空港にも導入する予定という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

出国税1000円以内は

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ