グアム、16年日本人は80万人めざす-教育団体が堅調

  • 2016年2月24日(水)

グアム政府観光局日本代表の光森裕二氏  グアム政府観光局(GVB)はこのほど、「グアム販売促進セミナー&ワークショップ」を開催した。冒頭で挨拶したGVB日本代表の光森裕二氏は、2015年の日本人来島者数が、総出国者数や供給座席数の減少などにより前年比3.8%減の77万9405人に減少したことを報告。一方で教育旅行が堅調に推移していることについて説明し、「6年前までは年間35校ほどだったが昨年は160校にまで増加し、16年も同程度を見込んでいる。10年間のプロモーションの成果が出てきた」と強調した。英語圏であることに加えて、費用面でリーズナブルであり、日本人向きの設備やサービスが揃っていることが好評だという。

 16年については日本人来島者数については14年並みの80万人をめざす考え。旅行会社向けにはファムツアーを増やし、インハウスセミナーなども開催することでコミニュケーションの回数を増やし、正確で新しい情報の提供に努める。一般消費者向けには、15年秋から16年春までの広告キャラクターとして歌手の田原俊彦さんを起用しており、「ファン層である40代半ばから60代前半の方々に、グアムを意識していただき、足を運んでもらいたい」考え。そのほかには飲食店情報サイト「食べログ」と共同で、4月1日から6月30日までキャンペーン「食べログアム」も実施。期間中にグアムのレストランで食事をして口コミを投稿した人に、抽選で景品を提供する。

来日したサプライヤーも参加したワークショップの様子  光森氏はハガニアで5月22日から約2週間にわたり開催される「フェスティバル オブ パシフィック アーツ」についても、「この時期にグアムに行くお客様にぜひ案内してもらいたい」アピールした。同イベントは4年に1度開催されている太平洋諸国の芸術と文化に関する祭典で、今年はグアムがホストを努める。グアムを含めての27の国と地域から約4000名が集まる予定で、入場は無料。

 そのほかには、時期によっては非常に混雑する入国手続きについても、係員の増強や教育、ESTAの取得推進などで効率化を進める考えを示した。グアム国際空港では今夏以降を目途に、自動化ゲートを導入する予定。まずは6台導入し、年内に9台まで増やすという。ESTA取得者で、過去にESTAを使って入国したことのある来島者が対象となる。

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ