エアアジアJ、成田と台北のハブ化を計画-20年に米国西海岸線も

  • 2016年2月15日(月)

 エアアジア・ジャパン代表取締役会長の井手隆司氏は2月15日、名古屋市で開催された「中部国際空港2本目滑走路建設促進期成同盟会 講演会」で、2020年までの同社の路線計画について語った。同社広報担当によれば、当初はアジア路線を強化する方針で、18年には成田を、19年には台北を拠点化し、東南アジアに路線網を拡大。そのほかホノルルにも就航し、20年には米国西海岸への路線開設も視野に入れる。

 同社は16年夏を目途に、中部/新千歳、仙台、台北線を開設する予定。使用機材はエアバスA320型機で、2機体制で運航する。その後は17年に中部/仁川、グアム線を開設する考えで、そのほか中国路線として北京または天津、上海または無錫、香港またはマカオの合計3都市に就航する計画。17年末には機材を増やし、A320型機6機体制で展開するという。

 18年には成田を拠点化してA320型機を3機駐機させる考えで、成田からは国内線として新千歳に、国際線として台北と、北京または天津、上海または無錫、香港またはマカオの合計4都市に就航する予定。18年末までにA320型機は9機まで増やす見込みで、さらにA330型機を年内に2機導入して中部/シンガポール線の開設をめざす。

 19年には成田、中部/ホノルル線を開設し、さらに台北を拠点化して台北/ベトナム、シンガポール路線に就航する計画。19年末時点の機材数はA320型機12機、A330型機4機を予定する。

 20年には成田、台北/仁川線のほか、A330型機を活用して成田または中部からシアトル、ロサンゼルス、サンフランシスコなど米国西海岸への路線についても開設を視野に入れる。同社によれば、米国線については他社との提携の可能性もあるという。20年末にはA320型機14機、A330型機6機の計20機へと機材数を拡大する予定。


※訂正案内(編集部 2016年2月16日 10時46分)
中部国際空港2本目滑走路建設促進期成同盟会のお名前を誤って記載しておりました。お詫びするとともに訂正いたします。

■海外ニュース

クルーズアンケート
LINEスタンプ
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

朝は何時に起きてますか?

投票する

助成金・補助金情報

一覧

「【香川県】旅行業者等向け補助金制度 高松観光コンベンション・ビューロー」
香川県高松市をクライアントへ企画提案 企業限定 受注型団体旅行 < 企業コンベンシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ