JALグ、沖縄の地上支援3社を統合、外航の要請にも対応

  • 2016年1月10日(日)

 JALグループはこのほど、離島を含む沖縄地区で空港地上支援業務をおこなう子会社3社を経営統合し、2016年7月に新会社を設立すると発表した。統合によりすべての支援業務をおこなう「空港総合ハンドリング会社」をめざすほか、那覇への乗り入れが急増している海外の航空会社の地上支援にも対応できる体制を構築する。

 統合するのは、那覇でグランドハンドリング業務をおこなう沖縄エアポートサービスと、旅客サービス業務をおこなうJALスカイ那覇に加えて、石垣など離島の5空港で空港地上支援業務全般をおこなうJTAサザンスカイサービスの3社。社名や運営体制などの詳細はこれから検討するという。1月1日時点の3社の合計社員数は863名。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ