日本航空、客室乗務員の契約社員制度廃止、4月から正社員に

  • 2015年12月17日(木)

JALグループ入社式の様子  日本航空(JL)は2016年4月、客室乗務職の契約社員制度を廃止する。在籍する契約社員の客室乗務員については正社員化し、4月以降に入社する客室乗務員は正社員として雇用する。

 JLでは1994年、客室乗務職の契約社員制度を開始。昨今の雇用環境の変化や、女性の活躍を推進する社会情勢を踏まえて、契約社員制度を廃止するという。なお、JALグループではその他の航空会社においても、客室乗務員職の雇用形態の変更を検討中という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ