年末年始の国際線、成田は4%増の127万人、関空は過去最高に

  • 2015年12月13日(日)

 成田国際空港(NAA)と新関西国際空港はこのほど、年末年始(2015年12月18日~16年1月3日)の成田と関空の国際線予約の推計値をそれぞれ発表した。総旅客数は成田が前年比4.1%増の126万7800人で、関空は年末年始としては過去最高となる20.6%増の80万8700人を見込む。

 成田の旅客数の内訳は、出国者数が4.0%増の64万2600人で、入国者数が4.2%増の62万5200人。NAAによると、夏ダイヤ以降に新規就航や増便が続いたことが要因で、方面別ではハワイやグアムなどのリゾート路線が人気を集めているという。

 ターミナル別の総旅客数では、第1ターミナルは1.8%増の66万9700人、第2ターミナルは7.5%減の56万30人を予想。今年4月に供用を開始した第3ターミナルは8万100人を見込む。第2ターミナルについては、去年まで同ターミナルを利用していたバニラエア(JW)やチェジュ航空(7C)などが第3ターミナルへ移行したことなどから減少する見通し。

 旅客数のピーク日については、出国の第1ピークは12月26日で4万2400人、第2ピークは1月3日で4万1700人となる見込み。入国の第1ピークは1月3日で4万6100人、第2ピークは1月2日で4万1600人を予想する。


次ページ>>>▽関空は出入国ともに過去最高、方面別は韓国が8年連続1位に

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ