阪急交通社、ウズベキ世界遺産ツアー発売、サマルカンドへ直行

  • 2015年12月1日(火)

 阪急交通社は12月1日、トラピックスで、来春にウズベキスタン航空(HY)が期間運航する成田/サマルカンド線の直行便を利用するツアー「4つの世界遺産を巡るウズベキスタン8日間」の販売を開始した。同便の所要時間は約9時間半で、通常のタシケントで乗り継ぐルートよりも5時間早くサマルカンドに到着するため、身体への負担が少ないのが特徴。出発日は2016年4月8日、15日、22日で、添乗員と現地の日本語ガイドが同行する。

 同ツアーでは、UNESCOの世界文化遺産に登録されているサマルカンド市内を観光し、レギスタン広場ではツアー参加者向けの歓迎プログラムを実施。民族舞踏や民族音楽の演奏を楽しむ。また、シャフリサブスやブハラの歴史地区、ヒヴァのイチャン・カラなど、同国のその他の世界遺産を観光する日も1日ずつ設けた。宿泊はサマルカンド、ブラハ、ヒヴァのスーペリアクラスのホテルにそれぞれ2連泊する。

 旅行代金はエコノミークラスおよび2名1室利用で、1名19万9800円から20万9800円まで。ただし、燃油サーチャージや空港施設使用料などは別途徴収する。最少催行人員は20名とした。

■海外ニュース

アンケートキャンペーン実施中!
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

今年、旅行会社のニュースで印象に残ったのは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ