ニューギニア航空、成田線増便、16年7月から週2便に

  • 2015年11月17日(火)

 ニューギニア航空(PX)は2016年7月6日から、成田/ポートモレスビー線を増便する計画だ。現在は土曜日のみ週1便で運航しているが、水曜日とあわせた週2便とする予定で、PXの日本地区旅客総販売代理店(GSA)を務めるアルコネットによれば、国土交通省への認可申請を準備中。さらに、当初より目標としていた週3便への増便についても、このほどパプアニューギニア政府とPX本社が正式に承認しており「可能であれば2017年中の就航をめざしたい」という。

 アルコネットによれば、15年1月から10月までの成田線のロードファクターは平均73%と順調に推移している。日本発のうち6割がパプアニューギニアへの需要で、残り4割はフィジーやケアンズ、ブリスベンへの乗継需要だという。増便でさらなる乗継需要の取り込みをはかる考えで、将来的には全体の半分を乗継客としたい考え。

 今後は増便に伴い旅行会社にツアーの造成を呼びかけていく方針で、パプアニューギニアに加え、ケアンズやブリスベンへの4日間、5日間、8日間のツアーや、パプアニューギニアとソロモン諸島を組み合わせた8日間のツアーなどを提案していく。また、日本発が土曜日の便を利用すればフィジーへのツアーなども造成できるという。

 さらに、PXでは来年6月から、火曜日のみの週1便で運航しているポートモレスビー/ホニアラ/ポートヴィラ線について、日曜日出発の1便を加えて週2便とする予定。これにより、土曜日に日本を出発する便を利用すれば、バヌアツへのツアーも造成可能だ。

 成田/ポートモレスビー線の運航機材はボーイングB737-700型機またはB737-800型機。B737-700型機はビジネスクラス12席、エコノミークラス122席の計134席、B737-800型機はビジネスクラス16席、エコノミークラス128席の計144席となる。運航スケジュールは以下の通り。


▽PX、成田/ポートモレスビー線運航スケジュール(16年7月6日~)
PX055便 NRT 20時55分発/POM 04時45分着※翌日(水)※※
PX055便 NRT 21時05分発/POM 04時55分着※翌日(土)
PX054便 POM 14時10分発/NRT 19時55分着(水・土)
※※水曜日の成田発については、土曜日と同じスロットが取れた場合は変更になる可能性がある

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ