中国東方航空、関空/寧波線を減便、機材繰りで週2便に

  • 2015年11月11日(水)

 中国東方航空(MU)は12月4日から2016年3月25日まで、週4便で運航している関空/寧波線を、機材繰りのため週2便に減便する。同路線は今年3月に木曜日と日曜日の週2便で運航を開始。6月には月曜日と金曜日の運航を追加して週4便としたが、増便分を運休して再び木曜便と日曜日の週2便に戻す。

 MUによれば、同路線のロードファクターは平均して約70%あり、採算は取れている状態。利用者の7割が中国発、3割が日本発で、日本発の利用者のほとんどはビジネス客だという。

 既に入っている予約については、別の曜日への変更や、MUと上海鉄道局による組み合わせチケット「空鉄通」を利用した上海経由への変更を推奨する考え。返金はMU大阪支店または旅行会社で受け付ける。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ