KLM、16年1月から福岡線運休-支店は維持し再開視野に

  • 2015年10月4日(日)

 KLMオランダ航空(KL)は2016年1月から、週3便で運航している福岡/アムステルダム線を運休する。同路線は2013年4月からボーイングB777-200型機を使用して運航しているが、KLによれば日本人利用者の比率が高いため、円安の影響で利益率が下がっているという。最終便はアムステルダム発が1月3日出発便、福岡発は1月4日出発便となる。

 KLによると、運休後も福岡支店の営業は継続していく予定。福岡へのインバウンド需要や為替の動向によっては、再開も視野に入れているという。1月4日以降の航空券をすでに購入している人に対しては、別便への振り替えをおこなう。

 なお、運休後の福岡/ヨーロッパ線については成田、関空、ソウル、台北経由で、コードシェア便を含めて週26便を運航する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ