JAL・ANA、冬ダイヤの路線計画変更、羽田国内線減便も

  • 2015年8月19日(水)

 JALグループとANAグループは8月19日、2015年度の路線便数計画の一部変更を発表した。日本航空(JL)は国際線で、成田/モスクワ線を現行の週4便から3便に減便。同路線は15年度の夏ダイヤで週1便増便していたが、JLによると季節の需要の増減に合わせたものだという。

 機材変更では、10月25日から成田/シドニー、ジャカルタ線に「SKY SUITE 777」を搭載したボーイングB777-300ER型機を導入。加えて、16年2月には成田/モスクワ線に「SKY SUITE 787」を搭載したボーイングB787-8型機を投入する。これにより、欧州の全路線において「SKY SUITE」の導入が完了する。

 一方、国内線については、羽田発着路線を中心に季節の需要にあわせた路線便数に変更。羽田/関空線を1日2便から3便に、羽田/長崎線を1日6便から7便に、新潟/新千歳線を1日2便から3便に増便する。JLによると、羽田/長崎線の増便は「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産に登録されたことで、軍艦島への注目が集まったことなどが要因だという。

 また、今年5月に日本と中国の航空当局間の非公式協議で、羽田/中国間の路線拡充が合意されたことにともない、一部の羽田線を減便。JLでは、12年に日中の航空当局間で合意していたが、尖閣問題などで膠着状態となっていた羽田/中国間の枠を国内線で暫定的に使用していた。なお、今回の路線変更では、羽田/中国線においての増便は発表していないが、JLによると「現在、前向きに検討している」という。

 このほか、国内線では新千歳/秋田線や福岡/徳島線などの5路線を減便する。

次ページ>>>全日空、国際線ネットワークを拡充                 

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ