エアアジアX、関空/ホノルル線を申請-ハワイも歓迎

  • 2015年7月13日(月)

 エアアジアX(D7)は現在、国土交通省と米国運輸省(DOT)に関空/ホノルル線の就航を申請している。デイリー運航中のクアラルンプール/関空線を延伸してホノルルへ乗り入れるもので、早ければ11月にも週4便で運航を開始する。使用機材は現行のエアバスA330-300型機で、座席数もビジネスクラス12席を含む全377席のままとする予定。日本とマレーシアは2011年に実施した航空協議で、首都圏空港以外の空港について以遠権を自由化している。

 就航が実現すれば、エアアジアグループによる初のハワイ路線となる。ホノルルには現在、ジェットスター航空(JQ)がシドニーなどから就航しているが、アジア系のLCCがホノルルに乗り入れるのは、これが初めてと見られる。

 D7によれば、関空/ホノルル間のみの利用も可能となる見通しで、同社では日本人をメインターゲットとしつつ、韓国や中国など周辺国からの需要も取り込む考え。マレーシアおよびその周辺国からホノルルへの利用者は、ビザ取得要件のハードルの高さや、デスティネーションとしての人気度などから、少なくなる見込み。

 なお、ハワイ州観光局(HTJ)は、D7のホノルル線就航については「選択肢の幅が広がるし、そもそも既存の航空会社だけでは席数に限りがある」として、歓迎の意を示している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ