スカンジナビア航空、上海線とシカゴ線を増便-冬ダイヤで

  • 2015年7月6日(月)

 スカンジナビア航空(SK)は10月から、コペンハーゲン/上海線とストックホルム/シカゴ線を増便する計画を明らかにした。SKは今年6月に長距離路線の拡大計画を発表したところで、今回の増便はその計画の一環として実施する。

 コペンハーゲン/上海線は現在の週5便に加え、火曜日と木曜日の運航を開始してデイリー運航に。ストックホルム/シカゴ線も、現在の週6便に日曜日を追加してデイリー運航とする。現在は関係当局への申請前で、発着時間などは未定。使用機材はエアバスA340-300型機で、座席数は増便時点で245席を予定するが、11月以降に予定しているキャビンの刷新により、247席に増加するという。

 今回の増便により、今年の冬ダイヤからSKのアメリカ線は週108便、アジア線は週50便に増加する予定。

■海外ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ