ハワイアン航空、燃油サーチャージ円建てに、4・5月分は値下げ

  • 2015年3月9日(月)

 ハワイアン航空(HA)はこのほど、4月1日以降の日本販売分の燃油サーチャージの適用条件を、米ドル建てから日本円建てに変更した。HAは今回の改定について「昨今の航空燃油価格と為替変動に対し公正で透明性のある柔軟な対応をするため」と理由を説明している。

 新たな適用条件では、燃油サーチャージの徴収を止める基準となるシンガポールケロシン市況価格を、1バレルあたり60米ドルから6000円に改定。現在の為替レートでは60米ドルは約7260円で、6000円は約49.6米ドルに相当する。

 4月1日から5月31日の発券分については新たな適用条件に基づき、日本発便は日本/ハワイ線を現行の8500円から6000円に、日本/米国本土線を1万4000円から1万500円に値下げする。一方、ハワイおよび米国本土発便は日本/ハワイ線を107米ドルから50米ドルに、日本/米国本土線は176米ドルから88米ドルに引き下げる。

 なお、改定期間は従来通り、直近2ヶ月間の燃油市場価格の平均に基づき決定する。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ