春秋航空、関空を初の海外拠点に-20年に20都市週100便めざす

  • 2015年3月3日(火)

春秋航空CEOの張秀智氏(左)と新関西国際空港社長の安藤圭一氏 新関西国際空港と春秋航空(9C)は3月3日、関西国際空港を春秋航空の初の海外拠点とすることで最終合意した。9Cは今後、2020年までの5年間で大幅に関空発着路線を拡充し、中国20都市以上に週100便以上を運航する計画。急増している訪日中国人旅行者を中心に、需要の取り込みと拡大をはかる。

 9Cは2014年3月に、関空/上海(浦東)線を週7便で開設。現在は重慶、武漢、青島、天津、蘭州を加えた6都市との間で週28便を運航しているが、今春からはさらに鄭州、西安、成都、泉州の4路線にも就航し、関空からの就航都市数は10都市に達する。9Cによれば利用者の9割が中国人だという。そのほか、日本線については上海/新千歳、茨城、高松、佐賀線も運航している。

9CのA320型機 9Cによると3月3日に開催した新関空との合同記者会見では、9CのCEOを務める張秀智氏が関係者に謝意を述べるとともに、関空の拠点化が「日本市場開拓に向けての第一歩になる」と宣言。両国の双方向交流が活性化するとともに、経済効果が拡大することに期待を示した。また、引き続き航空券価格の低減にも務め、利用者の増加に務める考えを示し、関係者にも協力を求めた。

 新関西国際空港によると、代表取締役社長の安藤圭一氏は、9Cが初めての海外拠点を関空に置くこと、あわせて関空が日本初の海外LCC拠点空港となることに喜びを示した上で、9Cの拠点化が人的および経済的な「起爆剤」になることを期待。関空は中国27都市に路線が展開され、就航都市数では既に日本最多を誇るものの、9Cの拠点化を踏まえて今後も積極的なネットワーク拡大をはかるとし、「2020年には中国50都市以上への就航をめざす」考えを示した。

 なお、9Cは現在、FSCとLCCが共用している第1ターミナルを使用しているが、2015年度中には、現在はピーチ・アビエーション(MM)が使用している第2ターミナルに移転。さらに2016年度中には、国際線専用LCCターミナルとして予定する第3ターミナルに移転する。9Cはターミナルの移転により大幅な路線拡充を円滑に進める考えで、関空は第1ターミナルの混雑緩和および受入容量の確保をはかる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ