フィリピン、14年の日本人渡航者数は6.9%増、シェア第3位に

  • 2015年2月17日(火)

 フィリピン政府観光省(DOT)によると、2014年通年の日本人訪問者数は、前年比6.93%増の46万3744人となった。全世界からの訪問者数は3.25%増の483万3368人で、日本は全世界の伸び率を上回っている。全世界における日本のシェアは9.59%で、第3位となった。

 国別で最も多かったのは韓国で、0.83%増の116万5789人。シェアは24.32%だった。ついでアメリカが7.14%増の67万4564人となり、シェアは14.95%。第4位は中国で7.37%減の42万6352人、シェアは8.17%だった。14年上半期(1月1日~6月30日)は中国は第3位で日本は第4位だったが、通年では逆転する結果となった。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ