全日空、東南アジア3路線で上級クラス拡充、プレエコ導入も

  • 2015年2月3日(火)

 全日空(NH)は3月以降、シンガポールとバンコク、ジャカルタへの路線について、プレミアムエコノミークラスの導入など上級クラスのサービスを拡充していく。ビジネス需要が高いことに加え、北米/アジア間の乗継需要や訪日需要も増加していることを受けたもの。

 プレミアムエコノミーは、成田/シンガポール線のNH801/802便に3月29日から、NH845/846便に6月11日から、成田/バンコク線のNH807/808便と羽田/ジャカルタ線のNH855/856便に8月1日から導入。

 また、日本/シンガポール、バンコク、ジャカルタ間全便のビジネスクラスで3月1日以降、従来はトレーで提供していた機内食を欧米路線と同様にコース形式に変更する。メニューも刷新する。このほか、パジャマウェアや枕、ノイズキャンセリングヘッドホンも順次搭載する。

 このほか、3月29日から成田/シンガポール線のNH801/802便にファーストクラスも導入する。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ