ハワイアン航空が機内食刷新、羽田線で「鶏から揚げむすび」

  • 2015年1月28日(水)

(左から)日本支社長の宍戸隆哉氏、ゲートグルメジャパン料理長のエマニュエル・ジョージ・サントス氏  ハワイアン航空(HA)は1月28日、2015年の羽田/ホノルル線で新たに導入する機内食メニューの試食会を開催した。3月1日から8月31日までと、9月1日から2016年2月29日までの6ヶ月ごとにメニューを用意。引き続きハワイの地元の食材を活かしたメニューを提供する。機内食の試食会を公開するのは今回が初めて。

鶏から揚げむすび。海苔とご飯のなかに鶏から揚げを入れて自分で巻いて作るスタイルだ  HA日本支社長の宍戸隆哉氏は「乗った時からハワイを感じてもらい、ハワイアンテイストをアピールしたい」と機内食のコンセプトを説明した。例えばプレミアムエコノミークラスとエコノミークラスでは、今回から新たに「鶏から揚げむすび」を用意し、1食目に提供。スパムむすびを元にアレンジしたもので、ハワイと日本の食の融合をはかった。また、引き続き人気の高い「ロコモコ」も提供する。

ビジネスクラスで提供する「牛肉のカレカレ」。程よいコクのあるナッツのソースがおいしい  また、ビジネスクラスではフィリピンの伝統料理「カレカレ」も用意。オックステールやトライプ、豚足をピーナッツソースで煮込んだシチューで、いろいろな国の文化の影響を受けたハワイの多様性を表した。

左がプレエコ、右がエコノミーの機内食。ロコモコは同じだが、大きさや付け合わせのサラダ、デザート、食器などに差がある  さらに宍戸氏は、8月から羽田、関空/ホノルル線で導入しているプレミアムエコノミークラスのメニューもアピール。エコノミークラスよりも食事の量が多く、食器もカラフルなものを使用する。デザートやサラダにもこだわっており、例えば同クラス限定で3月から8月に提供するハワイアンパスタサラダでは、ハワイらしさにこだわりパイナップルエキスを使用した。このほか、優先搭乗やアメニティキットの提供なども展開中だという。

 同氏によると、羽田/ホノルル線は就航以来好調に推移しておりロードファクターは「当初予想を上回る」勢い。プレミアムエコノミークラスも順調で、シニアや若者のハネムーナーなどに利用されているという。なお、現在申請中の羽田/コナ線については米国運輸省(DOT)の動きを待っているところと説明。就航しても既存路線は維持する考えを示した。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ