JTB、ブラジルサンバカーニバル商品、日伯修好通商条約120年で

  • 2014年12月11日(木)

 JTBコーポレートセールス(JTBBWT)は12月10日、サンパウロで開催されるカーニバルに参加するツアーの販売を開始した。2015年に日伯修好通商航海条約の120周年を迎えることを記念したもので、現地の有名サンバチーム「アギア・ジ・オウロ」のメンバーとしてカーニバルに参加する。

 もともと、アギア・ジ・オウロが2015年のカーニバルでチーム全体のテーマを日本にすることを検討し、打診を受けた在サンパウロ日本国領事館を通して服飾デザイナーのコシノジュンコ氏が青森のねぶたを題材として提案。結果として五所川原市の立佞武多「復興祈願 鹿嶋大明神と地震鯰」が海を越えてカーニバルに登場するとともに、参加者がコシノジュンコ氏の手による衣装でパレードに出ることが決まった。

 今回のツアーはこのパレードへの参加者を募集するもので、募集人員は40名。未経験者でも参加可能で、一般消費者を対象に広く募集する。ツアーは2月11日出発の4泊7日で、成田発のターキッシュエアラインズ(TK)便利用、旅行代金は2名1室利用の場合1名39万8000円としている。

■海外ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ