キャリチャ

年末年始の旅行者数、過去2位の3045万人-海外は2.9%減、国内も微減

  • 2014年12月1日

 ジェイティービー(JTB)の年末年始(2014年12月23日~2015年1月3日)の旅行動向調査によると、年末年始の総旅行者数は前年同期比0.3%減の3045万人となり、比較可能な1996年以降で見ると過去最高の2013年度に次ぐ2番目の数値となる予想だ。海外旅行は2.9%減の67万9000人で過去4番目、国内旅行は0.2%減の2983万1000人で、前年度に次ぐ2番目となる見込み。

 JTBによると、今年は12月29日を休むと12月27日から1月4日まで最大9連休となり、昨年に続き長い連休が取りやすい日並びであることから、13年度は下回るものの微減にとどまる予想。アンケート結果では「今年の年末年始は旅行へ行く」と回答した人の割合は13.4%となっており、前年度の13.2%と同程度の数値となった。

 平均旅行日数については0.3ポイント減の3.5日と短くなっており、JTBでは前年度に比べ年始が短くなったこともあり、年末に短期間で旅行し、年始は家でゆっくりするという傾向があると見ている。また、アンケートでは「仕事が厳しいので昨年より日数を減らす」と回答した人は1.6ポイント増の3.7%となり、他の質問と比較すると上昇幅が最も高くなった。厚生労働省の「毎月勤労統計調査」の所定外労働時間の推移でも、2013年4月以降は前年を上回り続けている。

 総旅行消費額は3.5%減の1兆677億円となる見通し。平均旅行費用は、海外旅行は円安の影響や日並びの良さで長距離方面に一定の人気があることなどから、2.3%増の22万2000円と上昇する見込み。一方、国内旅行は景気や物価上昇などによる節約傾向から3.7%減の3万800円と減少を予想した。

次ページ>>>海外はアジア・東南アジア人気、ハワイも堅調-国内旅行は短期化、費用減少傾向に

関連ニュース