日本航空、「SKY SUITE 787」と冬の新機内食メニュー公開

  • 2014年11月30日(日)

SKY SUITE787のエコノミークラス「スカイワイダーII」  日本航空(JL)は11月29日、ボーイングB787-8型機の新仕様機材「SKY SUITE 787(スカイスイート787)」と、冬シーズンの機内食メニューを公開した。JLはこれまで「ひとクラス上の最高品質」をテーマに、B777-300ER型機に「SKY SUITE 777(スカイスイート777)」、B767-300ER型機に「SKY SUITE 767(スカイスイート767)」を導入。スカイスイート787ではB787-8型機の全クラスをリニューアルし、12月1日から成田/フランクフルト線、2015年1月1日から成田/ニューヨーク線で運航を開始する。

 スカイスイート787の座席は、ビジネスクラス38席、プレミアムエコノミークラス35席、エコノミークラス88席の計161席。ビジネスクラスではシェル型のフルフラットシートを、スカイスイート777と同様に仕切りを設けた個室感の高いデザインに変更した。また、新たに設定したプレミアムエコノミークラスでは、スカイスイート777と同じデザインで、前席の背もたれが倒れてこない「FIXED BACK 構造」を採用した。

 さらに、エコノミークラスでは「新・間隔エコノミー」第2弾として、座席幅とピッチを広くした「SKY WIDERII(スカイワイダーII)」を用意。座席幅は現行のB787-8型機に比べて5センチメートル広い約48センチメートルで、座席ピッチも5センチメートル拡大し約84センチメートルとした。

 このほか、機内にはスカイスイートで初めて、温水洗浄機能付きのウォシュレットを全クラスのトイレに搭載。また、モニターでのスワイプ操作が可能な新機内エンターテイメントシステム「MAGIC-VI」も導入した。

 なお、スカイスイート787はB787-8型機に加え、2015年から運航予定のB787-9型機でも順次導入していくという。

日本発シカゴ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、ジャカルタ線のファーストクラスで提供する和食コース  機内食の新メニューは12月1日から提供。例えば、パリ発のファーストクラスとビジネスクラスでは、日本の料理大会「RED U-35 2014」でグランプリを獲得したシェフの吉武広樹氏がプロデュースした洋食コースを提供する。JLでは2013年1月から欧米、豪州、東南アジア線で「空の上のレストラン」をコンセプトに、「スカイオーベルジュ BEDD(ベッド) by JAL」として、機内食サービスの向上をおこなっている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ