中国国際航空、B747-8型機導入、アジア初

  • 2014年11月2日(日)

 中国国際航空(CA)はこのほど、ボーイングB747-8型機の運航を開始した。ボーイングによるとアジアで同型機の旅客機を導入するのはCAが初めて。CAは合計7機のB747-8型機を発注している。

 新機材の内装は雲と土、鳳凰をモチーフとして、搭乗した瞬間から中国の文化を感じられるように工夫。また、ファースト、ビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの各座席でオンデマンドエンターテイメントシステムを利用できるほか、電源やUSBポートも導入している。

 初号機は北京/広州線で運航を開始。2号機以降を含めて、今後は国際線でも投入路線を増やしていく計画だ。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ