関空、上期の国際線旅客数は9.9%増、外国人は過去最高

  • 2014年10月20日(月)

 新関西国際空港によると、関西国際空港の2014年上期(4月~9月)の輸送実績で、国際線旅客数は前年比9.9%増の654万4995人となった。日本人旅客数は5.0%減の316万6850人と2期連続の前年割れ。

 外国人旅客は31.0%増の321万4807人で日本人旅客数を上回り、上期として過去最高を記録した。外国人旅客数が300万人を超えるのは開港以来初めて。このほか、通過客は2.3%減の16万3338人だった。なお、国際線、国内線の合計は8.4%増の973万4841人で3期連続で増加。13年ぶりの900万人超えとなった。

 国際線の発着回数は12.0%増の3万9279回。過去最高の夏期スケジュールを受け、2期ぶりに前年を上回り、上期として過去最高を記録した。

 9月単月では、国際線旅客数は7.8%増の108万6312人で13ヶ月連続の前年超え。日本人旅客数は7.2%減の56万8470人と9ヶ月連続で減少したが、外国人旅客数は34.3%増の49万5650人と31ヶ月連続で前年を上回り、9月単月として過去最高となった。通過客は15.6%減の2万2192人だった。国際線発着回数は9.7%増の6455回で12ヶ月連続で前年を上回り、9月単月として過去最高を記録した。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ