クック諸島、初の日本事務所開設、知名度向上に向けリゾートなど訴求

  • 2014年10月14日(火)

 クック諸島観光局はこのほど、日本における業務委託先として、東京に拠点を置くマーケティング企業のディープブルーを指名した。ディープブルーは今後、日本国内でのマーケティング活動やセールス、観光情報の提供などをおこなう。クック諸島が日本の企業と提携して、日本での本格的なプロモーション活動を実施するのはこれが初めて。

 クック諸島は、ニュージーランドとハワイの中間に位置する15の島からなる小国で、人口は約2万人。ニュージーランドと自由連合の関係にあり、日本政府は昨年3月に国家として承認している。

 同観光局によれば、昨年にクック諸島を訪れた日本人観光客数は374名。日本からのアクセスは、ニュージーランド航空(NZ)によるオークランド経由がメインとなっている。今後はリゾートホテルなどを軸にプロモーション活動をおこない、日本での知名度向上をはかる考え。 

▽クック諸島観光局日本オフィス
住所:〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-12-12-8F
TEL:03-3663-2995
FAX:03-5809-2889
URL:www.cookislands.travel

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ