イスラエル、パレスチナで渡航情報一部引き下げ、ガザなど渡航延期勧告に

  • 2014年10月8日(水)

 外務省は10月8日、イスラエルとパレスチナ自治区西岸およびガザ地区について、新たな渡航情報を発出した。ガザ地区およびその境界周辺については、イスラエル・パレスチナ間で8月に成立した停戦合意などを受け、退避勧告を渡航延期勧告に引き下げた。

 ジェリコ、ベツレヘム、ラマッラの3都市などを除く西岸地区、レバノン国境地帯などについては、ガザ地区よりは安定しているものの、引き続き渡航延期勧告を継続した。西岸地区ではイスラエル軍による移動の制約などにより邦人保護業務が困難となる可能性があること、レバノン国境地帯ではヒズボラとイスラエルとの間で紛争が発生する可能性があることなどを勘案した。

 その他の地域については、ガザ地区との境界周辺から概ね40キロメートル圏内の地域を注意喚起に引き下げた。ジェリコ、ベツレヘム、ラマッラおよびこれら3都市とエルサレムを結ぶ幹線道路、テルアビブやエルサレムなどについては、引き続き注意喚起を継続した。

■海外ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に何回行きましたか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ