フィリピン航空、関空/セブ線就航、12月から週4便で

  • 2014年8月21日(木)

 フィリピン航空(PR)は12月19日、関空/セブ線に就航する。月、木、金、日曜日の週4便で運航する計画で、関係国政府の認可取得が条件だ。現在、PRは関空/マニラ線を週7便で運航。セブ線の就航により、関空/フィリピン間を週11便で運航することとなる。

 使用機材は、エアバスA321-200型機で、座席数はビジネスクラス12席、エコノミークラス187席の計199席。詳細なスケジュールは下記の通り。

▽PR、関空/セブ線運航スケジュール(12月19日~)
PR409便 KIX 15時40分発/CEB 19時30分着(月、木、金、日)
PR410便 CEB 09時15分発/KIX 14時40分着(月、木、金、日)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

オーストリア航空
スイスインターナショナルエアラインズ
TASACASHLESS
ワンクリックアンケート

好きな寿司ネタは?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ