フォトニュース:キュナードの「クイーン・エリザベス」、170年以上の伝統

  • 2014年4月15日(火)

 キュナード・ラインが運航する「クイーン・エリザベス」(QE)は3月、英国サウサンプトン発着のワールドクルーズ120日間の途次、日本への初寄港を果たした。3月15日に鹿児島に寄港後、17日に横浜、19日に神戸、21日に長崎を訪れた。

 QEは2010年10月に就航したキュナードの最新の客船で、総トン数は9万900トン、乗客定員は2068名。その内装には初代QE(1938年就航)をイメージしたアールデコ調を起用。場所によっては天然木材や大理石が使われ、床には手織りのカーペットが、天井からは絢爛なシャンデリアが吊されているなど、170年の歴史を持つキュナードの伝統が随所に活かされている。

 今回は横浜で催された内覧会から、船内のレストランやバーなどのパブリックスペース、「プリンセス・グリル」クラスの客室を紹介する。

■■■ フォトニュースに移動 ■■■


取材協力:キュナード・ライン
取材:竹井智

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ