マレーシア観光年開始、「本物のアジア体験」テーマに

  • 2014年1月22日(水)

公式マスコットのテングザル マレーシア観光局によると、1月4日にクアラルンプールで2014年マレーシア観光年開始の記念式典が開催され、マレーシア副首相のタン・スリ・ダト・ハジ・ムヒディン・モハマッド・ヤシン氏がキャンペーンテーマを発表した。マレーシア政府が観光年を掲げるのは、1990年、94年、2007年に続き今回が4度目となる。

 キャンペーンテーマは「ワン・マレーシア・トゥルーリー・アジア(マレーシアで本物のアジア体験を)」。ヤシン氏は「観光年のキャンペーンは、単に幸せな思い出や素晴らしい体験を創出することのみを目的としておらず、マレーシアが友好の架け橋となり、お互いの文化や伝統への理解を深めることを真の目的としている」とコメント。政府主導で官民協力のもと、あらゆる政策的な枠組みを駆使していると話した。

 また、観光年ではオフィシャルマスコットも設定。マレーシア、ボルネオ島のみに生息する固有種で、マレーシアを代表する動物である「テングザル」を選んだ。

 マレーシア政府は2020年までの目標として、観光客数3600万人、歳入1680億リンギット(約5兆400億円)を掲げている。2014年は観光客数2800万人、歳入7600億リンギット(約2兆2800万円)をめざしており、200以上のイベントや祭典がおこなわれる予定だ。

 なお、記念式典ではストリートパフォーマンス、マレーシア観光文化省によるビデオプレゼンテーション、マレーシア民族音楽や民族打楽器の演奏、キャンペーンテーマに基づいたパフォーマンスや花火などを実施。述べ5万人以上が集まったという。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ