ドイツ、14年観光テーマは世界遺産-ドイツ統一25周年なども

  • 2013年12月25日(水)

 ドイツ観光局はこのほど、2014年と2015年のイヤーテーマを発表した。14年はユネスコの世界遺産をテーマに設定。エコツーリズムや、ローマ教皇を決定して教会大分裂を終結させたコンスタンツ公会議の600年記念、大バッハの次男であるカール・フィリップ・エマヌエル・バッハ生誕300周年もテーマとした。さらに、14年、15年のイヤーテーマとしてベルリンの壁崩壊とドイツ統一25周年、伝統と習慣を発表した。

 ドイツ観光局によると、ドイツ国内の世界遺産は38ヶ所。同局では「ドイツにおけるユネスコ世界遺産、持続可能なカルチャー及びネイチャーツーリズム」というスローガンのもと、14年の観光キャンペーンの目玉に世界遺産を設定。現在同局とドイツ・ユネスコ世界遺産委員会と共同で観光マーケティングを実施しており、専用のウェブサイトで教会や城、歴史的な町並みなどの世界遺産を紹介している。

 また、2015年10月に東西ドイツ統一25周年を迎えることから、14年初旬から2年間、ベルリンの壁崩壊、ドイツ統一25周年の観光キャンペーンを実施。「25の側面からドイツに焦点をあてる」というスローガンで、観光スポット巡りや自然を体感するツアー、カルチャーツーリズムなど多面的にマーケティングを展開していく予定だ。

 さらに、14年、15年の2年間のマーケティングテーマとして伝統と習慣を設定。これは近年都市に加えドイツの田舎を巡る旅の人気の高まりを受けたもので、ドイツ国内の各観光局と連携をはかり、「観光国ドイツ」ブランドの1つとして、伝統や習慣を世界にアピールしていく予定だ。このほか、2015年のテーマとして、ルネサンス期の画家ルーカス・クラナッハの生誕500周年、ドイツの観光街道もあげた。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2018
TASA後払い
求人広告

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ