年末年始の出国者数、関空5%増、中部3.8%増予想

  • 2013年12月24日(火)

 関西国際空港の年末年始(2013年12月25日~2014年1月6日)の国際線旅客数は、前年比5%増の46万3500人だった。このうち、出発旅客数は7%増の23万4400人、到着旅客数は2%増の22万9100人だった。

 出発旅客数の方面別では、韓国が13%減の4万5800人と2桁減ながら最も大きいシェアを占めた。続いて東南アジアが32%増の4万4500人、台湾が32%増の3万5500人となった。伸び率が高かったのは、香港・マカオで36%増の2万4600人。以下、台湾、中国の20%増の3万200人と続いた。

 ピーク日は、出発の第1ピークが12月28日で2万3400人、第2ピークが29日の2万3300人。到着は第1ピークが1月5日で2万3100人、第2ピークが1発4日で2万2000人。

 一方、中部国際空港の年末年始(13年12月20日~14年1月5日)の国際線予約総数は、3.8%増の20万8900人。出発旅客数は4.8%増の10万6900人、到着旅客数は2.7%増の10万2000人だった。

 方面別の出発予約数では、関空と同様、韓国が9.5%減ながら最も多い2万1900人となり、続いて中国が18.5%増の1万6000人、台湾が7.9%増の8200人だった。伸び率では、中国、ビーチリゾート(14.9%増)、東南アジア(11.8%増)が2桁増。特に東南アジアは定期便の増便や大型化、日並びの良さから増えたという。このほか北米が8.9%増、マカオを含む香港が3.1%増と増加。オセアニアはチャーター便のみの運航で、便数の減少により62.5%減となった。

 期間中の合計便数は前年から3便減の689便。定期便は前年並みの674便だったが、臨時・チャーター便が3便減の15便と減少した。

ピーク日は出発の第1ピークが12月29日で8500人、第2ピークが12月28日で8100人。到着は第1ピークが1月3日の8800人、第2ピークが1月5日の8600人。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ