観光庁、TOEICと連携-通訳案内士試験の英語免除対象に

  • 2013年12月26日(木)

 観光庁はこのほどTOEICとの連携を発表し、2014年度通訳案内士試験から、TOEICテストを筆記試験の免除対象に追加した。公開テストでTOEICテスト840点以上、TOEICスピーキングテスト150点以上、TOEICライティングテスト160点以上の受験者は、筆記試験の外国語(英語)を免除する。

 観光庁によると、TOEICの公開テスト受験者の約43%は学生。今回の連携により、学生をはじめとした若い世代が通訳案内士試験を受験しやすくなるという。なお、2012年度の通訳案内士試験では、20代以下の受験生は全体の約18%となっている。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ユーチューバーで好きなのは?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ