ペルー、アエロディアナ航空「リマ~ピスコ」間のフライト、運航中止に

  • 2013年12月13日(金)

 2013年12月10日、ペルーで最大の財閥 ロメログループの傘下のATSA社が運営する航空会社「アエロディアナ航空」(AERO DIANA)は、今年1月15日より運航を開始した「リマ~ピスコ」間のフライトの運航中止を発表いたしました。

 運航を開始してから約10ヵ月間、利用客数が思うように伸びなかったことが今回の運航中止につながっております。

 既にLC PERU社も、リマ~ピスコ間のフライトの運航を中止しているため、現在、リマ~ピスコ間の移動は陸路のみとなります。

なおアエロディアナ社が運航するピスコ発着のナスカ遊覧飛行は、これまでと変わりなく通常通り運航されております。

 ナスカ地上絵観光をご予定の方は、ご注意ください。


情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ