アメリカン航空とUSエアの合併、12月に実現へ

  • 2013年11月13日(水)

 アメリカン航空(AA)とUSエアウェイズ(US)は11月12日、両社の合併計画に異議を唱えて提訴していた米国司法省(DOJ)と和解した。AAとUSは今年2月に合併計画を発表していたが、DOJが公益に反するとして訴訟を起こしていた。DOJは今回、AAとUSに主要7空港で発着枠などを返上させ、それをLCCに配分することで競争が確保されると判断した。

 AAとUSが譲渡するのは、発着枠がロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港の52便分とニューヨーク・ラガーディア空港の17便分。また、ボストンのジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港、シカゴのオヘア国際空港、ロサンゼルス国際空港、マイアミ国際空港、ダラス・ラブフィールド空港でも搭乗ゲート2つと関連設備を手放す。

 なお、合併は当初、第3四半期の完了を予定していた。訴訟を経て、現在は12月に合併が実現する見込みという。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ユーチューバーで好きなのは?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ