JTBと電通、地域観光マーケティングスクール開始

  • 2013年5月14日(火)

 ジェイティービー(JTB)はこのほど、電通と共同で「地域観光マーケティングスクール」の販売を開始した。これは、地域の観光資源を活用して着地型旅行商品を開発し、交流人口の拡大により地域活性化をはかる際に必要となる「観光リーダー」を育成するプログラム。

 JTBが掲げる「交流文化事業」の「DMC(デスティネーション・マネジメント・カンパニー)戦略」の一環で、観光を軸に経済波及効果や雇用促進効果を高め、地域活性化をはかる。企業マーケティングを得意とする電通と連携することで、観光資源の掘り起こしや高付加価値化、差別化につなげ、継続して安定的な集客のために必要な地域資源の育て方やノウハウを伝える。

 プログラムの対象地域は、地域資源を活用した着地型の観光振興にこれから取り組む地域、あるいはすでに着地型旅行商品を開発しているが流通や販売手法に課題を抱えている地域。

 プログラムでは、約2ヶ月間をかけて観光資源カルテを作成した後、3日間の講座を開催する。スクール内で開発した旅行商品は、JTBウェブサイトなどでの情報発信と販売によりフォローアップもおこなう。

 まずは2013年度に10地域、最終的には47都道府県での導入をめざす。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ