ユナイテッド航空、関空/SFO線でB747-400導入時期前倒し、3月末から

  • 2013年2月27日(水)

 ユナイテッド航空(UA)は、関空/サンフランシスコ線へのボーイングB747-400型機材の導入時期を早めると発表した。当初予定では2013年6月6日としていたが、3月31日に前倒しする。ゴールデンウィークや夏期の繁忙期より前に導入することで、需要の増加に対応できるとの考えだ。同路線は現在B777-200で運航しており、機材変更により計105席が増加することになる。

 B747-400はファーストクラス12席、ビジネスクラス52席、エコノミークラス310席の374席。ファーストクラスとビジネスクラスはフルフラットシートを完備。機内Wi-Fiについても1月から順次導入を開始しており、2013年末には全機材への導入が完了する予定だ。

■海外ニュース

TIC事業継承
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

スニーカーといえば

投票する

助成金・補助金情報

「南越前町団体観光客誘客促進事業実施要項」
南越前町団体観光客誘客促進事業について リンク1 事業の目的交流人口を拡大するため、観光...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ